わたしたちのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   船上生活をしていたわたしと心理学者の夫レビーは、太平洋をさらに南下する航海へ出発する予定でした。でも、ある時、海の神様からこどもを授かったことを知らされ、この島へと上陸し、自分たちの手で家をたてることにしたのです。…月日は流れ、ひとりめの女の子のあと、ちょうど36ヶ月目にふたりめの女の子を授かりました。「ナエハ」と「ヒナノエ」。それはわたしたちふたりのあいだに誕生したそのこどもたち、きらかいとたまらかいの、ハワイアン・ミドルネームです。

 

 ふたりの出産予定日は不思議なことに36ヶ月違いのまったく同じ日、3月1日でした。そしてはじめの子ナエハが誕生したのは、雪景色の美しい町で生まれたわたしの実母と、それから夜の浜辺でこどもを産み、波でその子を洗ったという奇跡のような人であり、わたしがこの島で母と慕う人のバースデーと同じ18日でした。そして、ふたりめの子は、祖国の「ヒナ」祭り、3日の日に、月と緑の女神「ヒナ」の子であると伝えられるこのモロカイ島の、霧雨光る、海を見わたす丘の上で誕生しました。 

 

 はじめの子に与えた名、ナエハとは「痛み」という意味。でもその痛みとは、美しいもの愛しいものにふれたとき、まるでハートの奥をキュッと聖なるものに掴まれたように感じるその痛みのこと。そして、ふたりめの子ヒナノエのノエは「霧雨」。雨は天からの祝福…。さまざまな雨を、それぞれの名で呼び、さまざまな痛みにさえも、それぞれの名がある島の言葉とは、なんと深く煌めいているのでしょう。

 

 

 

 このハワイの小さな島、モロカイ島の神様が届けてくれる、アロハ(Aloha)のこころ。この美しくかけがえのない島での暮らしの中から見えてくる「世界のすがた」をわかちあいたい…という素朴な願いをわたしたちは抱いています。…今日もここで、新たなつながりと、そして「ひかり」が生まれています。

 

 

 

 そうです。この星のとびきり幸福な未来に向かって…。

 

 

 

 

 

                 モロカイ島にて 山崎美弥子 Miyako Yamazaki-Gray